Entries

【話題】実はカレーライスよりも歴史が深い? 「ハヤシライス」誕生秘話


【話題】実はカレーライスよりも歴史が深い? 「ハヤシライス」誕生秘話
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1396199632/


1 :ぱぐたZ?グルメ篇◆FdDsU0B5ivx5 :2014/03/31(月)02:13:52 ID:xDfXWqgVU


実はカレーライスよりも歴史が深い? 「ハヤシライス」誕生秘話
 
(2014/3/30 09:00)

シェフによるレシピ本やレシピ検索サイト「クックパッド」には、作り手が趣向を凝らして考えた様々な創作料理が紹介されています。なかにはその着想に驚くメニューもありますが、私たちが普段慣れ親しんでいる定番メニューにも意外なルーツや由来があるのをご存知でしょうか。

例えば、洋食の定番ハヤシライス。その由来についてはいくつかの説がありますが、「ハッシュド・ビーフ・ウィズ・ライス」がなまったというものや、牛肉を食べる文化が浸透していなかった当時、ハヤシライスのような料理を食べていたら「早死にする」ということから「ハヤシライス」と呼ばれはじめたという説もあるのだとか。

数ある"ハヤシライス出生説"があるなか、書籍『あのメニューが生まれた店』で、著者の菊池武顕氏が紹介されているのは「ハヤシさんが作った」というものです。

ハヤシさんとは、明治2年に丸善を創業した早矢仕有的氏のこと。丸善の広報担当者も早矢仕氏の関わりは間違いないと言います。

「社史担当者に代々伝わっている話があります。明治の初期、丸善には丁稚さん──少年ですね──が相当おりまして。こうした社員の、店を閉めた後に英語とか会計を教える夜学をやっていました。有的はその夜食に、少年の栄養を考えて肉と野菜のごった煮をご飯にかけて提供したというんです。また、有的の曾孫さんの丸家稔さんがお母さんから聞いた話として、滋養をつけるために患者に勧めたという説を唱えています」

菊池氏の取材によると、その頃の味は今とは少々異なるということ。ドミグラスソースが日本に入ったのは、明治20年代以降のことであるため、早矢仕氏の時代には醤油味か味噌味だったのだそうです。

ちなみに、ハヤシライスと似た存在であるカレーライスが日本で始めて食されたのは明治4年頃と言われていますが、早矢仕氏が肉と野菜を煮込んでご飯にかけたのはその前となるのだとか。

意外にも、ハヤシライスはカレーライスよりも歴史が長いのです。

□ソース 週刊朝日
http://dot.asahi.com/ent/publication/news/2014033000001.html





2 :名無しさん :2014/03/31(月)02:16:42 ID:SJknqVExy
ハヤシライスの方がすき




3 :名無しさん :2014/03/31(月)02:19:31 ID:6GMWkAWhj
カレーライスもハヤシライスも両方好き。
カレーライスばっかりだとたまにはハヤシライスって思ったりするし。
どっちも一長一短あって、どっちがいいとは言えないなぁ。



10 :名無しさん :2014/03/31(月)04:37:31 ID:FjFWz1zJs
完熟トマトのハヤシライスに粉チーズかけて食べるのが好き



11 :名無しさん :2014/03/31(月)04:53:39 ID:nsnORKuD6
ハヤシライスも好きだけど、うちでカレーつくるとき、
たまにカレー2:ハヤシ1くらいの割合でルウをまぜる

欧風カレーぽい感じになっておいしい
レトルトのカレーマルシェやディナーカレーが好きな人には合うと思う



12 :名無しさん :2014/03/31(月)06:21:55 ID:5dhpgExLt
缶のドミグラスソースが有能すぎて。。。越えられない



16 :名無しさん :2014/03/31(月)07:59:47 ID:WCVlttBdm
ハヤシライスはルーがあれば
最悪肉だけ入れればいいから簡単











スポンサーサイト

Appendix

新着RSS

フリーエリア

楽天市場

あんてなサイト様

新着記事

フリーエリア

新着記事

免責じこう

公開されている文章・画像・動画は、各関連企業や団体とは一切関係ありません。使用している版権物の知的所有権は、それぞれの著作者・団体に帰属しております。著作権所有者様からの警告及び修正、撤去のご連絡があった場合は、迅速に対処、又は、削除致します。また、掲載内容に関しては、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当サイトを利用したことによる間接、直接の損害、その他如何なる損害に関して、一切当サイトは責任を負いません。当サイトをご利用される場合は、以上のことをご理解、ご承諾されたものとさせて頂きます。また、当サイトの掲載情報に法的問題が生じる場合や文章、画像などの著作権所有者様からの削除依頼は、メールフォームよりご連絡下さい。

アクセスカウンター

フリーエリア











フリーエリア

QRコード

QR

フリーエリア